利息を抑えるためのポイントは?

無金利期間を使えば利息はない

カードローンはできるだけ利息を抑えて返済したいものです。利息を抑えるためには、複数の方法があるため、上手に活用することが必要となるでしょう。
一番有名な方法として知られているのは、借りても金利がつかない無利息期間を活用することです。複数のカードローン会社で提供しているサービスの中には、無利息期間を一定期間設けているところがあります。初回限定で提供しているところや、何回でも使用できるところがあるため、確認して申し込んでください。金額やカードローン会社によって異なりますが、7日間から30日程度が平均的な無利息期間です。利用する前に確認し、無利息期間内に返済するか、無利息期間を上手に使って低金利のうちに返済しましょう。

余裕のあるときに返しておこう

無金利期間以外の方法として挙げられるのは、随時返済や繰上げ返済を活用し、少しでも利息を抑える方法です。一般的なカードローンは毎月決まった日にちに決められた金額を引き落とす、あるいは振り込むのが返済方法となっています。しかし、随時返済では好きな時に返済用口座への振込みや、ATMを使ってローンカードによる返済を行うことで、返済金額を少しでも少なくする方法です。借りた分をお金に余裕のあるタイミングで全額随時返済してしまえば、金利が少なくなります。繰り上げ返済によって残一括を行う場合、カードローン会社によっては手数料がかかる場合もありますが、利息を支払うよりもずっと安くなる場合が大半です。支払い金額に気をつけ、余裕のあるときに支払いましょう。